支援内容・特徴

戦略プロセス経営実践会の支援

「あるべき姿」はおぼろげながらも描けている。見えている。そこへ到達したいと強く望んでいる。しかし、具体的に、どこから、どのように、ステップを踏んでコマを進めていけば良いのか、よくわからない。

このような中小企業は少なくないのです。

情報が錯綜している今日、各方面からあの手この手で期待感を刺激されてしまう結果、手段・手法にいきなり飛びついてしまうのです。また、チャンスを求めて目移りしがちになりがちです。これでは場当たり的で非効率な事業展開になってしまいます。

錯綜している情報の中から必要なモノを選別して事業に活かすことができないまま、ブレ始めてしまうのです。

その原因は明確化していないからです。

そこで、自らに選択肢があることを知りながら「できない」を「できる」にする! 

これこそが戦略プロセス経営実践会の支援なのです。

支援内容

当会が提供する支援は、「時間軸」で捉えると、大きく2つのフェーズに分けることができます。1つ目のフェーズ(第1フェーズ)では、「現状」から「あるべき姿」へ到達するための戦略シナリオづくりを行います。

そして、2つ目(第2フェーズ)は、初期の仮説である「戦略」の実行に踏み込み、適宜、軌道修正しながら、より早く「正解」に近づけていく仕組みづくりの支援となります。

第1フェーズで戦略シナリオづくりを行った後、「第2フェーズ」ではそれを実行しながら、より早く正解に近づけていく仕組みづくりを指導しながら伴走します

戦略がないと事業の展開が場当たり的になります。でも、変化のスピードが激しく、VUCAワールドなどと言われる今、戦略そのものの賞味期限は短くなっています。だからこそ、より早く変化に合わせていく仕組みが求められているのです。

なお、「伴走」については、よく目にする「定期的に打ち合わせの場を設けてレビューを行うこと」を意味しているわけではありません。後述しますが、貴社の社員と一緒に汗をかき、事業に踏み込んだハンズオン型のサービスを提供します。

支援内容1:戦略とプロセスを明確化した事業デザイン

当会が提唱する「戦略とプロセスを明確化した事業デザイン」とは、明確化した戦略(初期の仮説)を、PDCA(Doから始めることも)を迅速に回し、検証しながら、より早く「正解」に近づけていくための一連の仕組みづくりです。

「一連の仕組みづくり」には5つのパーツが必要となります。戦略・プロセス・組織・教育・ツールの5つです。中でも最も重要な役割を担うのが「戦略」であり、それを実行に移すために必要なのが「プロセス」となります。

最も重要な役割を担うのが「戦略」であり、それを実行に移すために必要なのが「プロセス」ということ。「ツール」は、手段・手法に該当し、必要なパーツの1つにすぎません。

ちなみに、中小企業に求められるのは、必要以上に時間を掛けたリサーチや分析、それに分厚いパワポの資料(提案書)ではありません。必要なのは「実行」すること。戦略(初期の仮説)は必須ですが、そのデキはほどほどで良いのです。

変化のスピードが激しく、VUCAワールドなどと言われる今、戦略の賞味期限は短くなっています。だからこそ、実行に踏み込み、軌道修正しながら、より早く変化に合わせて「正解」に近づけていく仕組みが求められているのです。

支援内容2:徹底した顧客理解を戦略に反映させた仕組みづくり

一般企業(特に中小企業)の経営サイクルは図に示したようなピラミッド型で表現することができます。

経営は「ビジョン」ありきです。「ビジョン」とは将来に対する挑戦的な目標です。トップの想いともいえます。

ビジョンを踏まえて戦略を策定することになりますが、当会では徹底した顧客理解を通じて「顧客の動き(顧客の行動や動態)」に注意を払い、それを戦略に反映させます。

「顧客は誰なのか?」「その顧客が対価を払う価値とは何か?」「その顧客が自社製品・サービスから得られる何に価値を見出すのか?」ということをはじめ、事業の明確化・定義化に取り組みます。

また、顧客全体を適切に分類した上で顧客戦略を策定します。そして、「新規獲得」「ロイヤル化」「離反防止」など、どの施策に力を入れるべきかを検討します。

支援内容3:数値化を最大限に活かす「3つの化」への取り組み

徹底した顧客理解を戦略に反映させ、それを実行へと踏み込んでいきます。また、その成果を正しく管理するために、次の「3つの化」に取り組み、数値化の行いを最大限に活かすようにします。

  • ビジネス活動の「見える化」
  • 業績管理の「体系化」
  • 戦略経営の「仕組み化」

「3つの化(見える化・体系化・仕組み化)」に取り組み、常に指標(数値)を見ながら社内でPDCAを回せ、しかも自走できる組織へと変えていくのです。

なお、「3つの化」の詳細については、こちら(←クリック)をご確認ください。

追加1:まずは小さな成功パターンから

最初は小さくてもいいのです。まずは小さな成功パターンから! これが当会のモットーです。

一般的に、事業は「1.立ち上げ(導入)→2.試行錯誤・生き残り・手探り→3.成長→4.継続的成長」という成長のプロセスを経ます。当会サービスの狙いは、早期に「成長ステージ」へとコマを進めてもらうことです。

そのためにも、「まずは小さな成功パターンから!」となるのです。

大きな目標の達成に向けて、まずは小さな成功パターンをつくり上げることにフォーカスします。

売上規模が小さくても良いのです。まずは小さな「成功パターン」をつくり上げ、それを水平(横)に展開することです。

そこで、初期の仮説である「戦略」を、PDCAを回しながら迅速に軌道修正し、早期に「成功パターン」をつくりあげていきます。

追加2:本質的な問題を見極めと課題設定

繰り返しになりますが、殆どの中小企業では、「あるべき姿」はおぼろげながらも描けています。見えています。そこへ到達したいと強く望んでいます。

しかし、具体的に、どこから、どのように、ステップを踏んでコマを進めていけば良いのかよくわからないまま、特定の手法・手段に飛びついてしまい、暗中模索の状態になりがちです。

実は、課題設定が上手くできなければ、その後は何をやってもピンボケとなり、投資した金や時間が無駄になります。

当会では、社内に潜む本質的な問題をよく見極めた上、課題設定・目標設定に取り組みます。

支援スタイル:「あるべき姿」への到達を目指して

「あるべき姿」への到達を目指し、一緒に汗をかく伴走型

当会では、貴社の「あるべき姿」を明確化し、そこへ辿り着くための戦略やプロセスを検討しながら事業全体をデザインする支援を行っています。

「あるべき姿」への到達を目指し、階段を駆け上がれるよう一緒に汗をかく伴走型の支援を提供しています。

例えば、以下のようなことを一緒に検討します。

  • 全体を劇的に変えることを目的には、細部の改良に目を取られるのではなく、何を加え、何を排除し、何をどこから、どのように変えるべきか? 
  • どの指標(数値)がどう改善されれば、事業全体にどのようなインパクトを与えるのか?
  • そのためには、事業全体のどこに力を入れるべきか? 
  • ビジネスドライバーは何か? 
  • 事業やブランドを伸ばすために大事な要素は何か?

やみくもに打開策・改善策を考え出すのではなく、可能な限り事業をサイエンスするのです。これは事業の成果をシンプルな方程式で語れるようにすることです。そこで当会の支援コンセプトである事業の「見える化・体系化・仕組み化」に取り組みます。

貴社のメンバーと議論やワークを一緒に進めながら、まずは事業の定義化・明確化に取り組みます。その上でベストな解決策を一緒に検討して実行していきます。この一連のプロセスを伴走することになります。

巷でよく目にする特定の解決策ありき(ツールありき・手法ありき)の支援とは大きく異なります。

当会ができること(得意なこと)

当会の代表・関口は、老舗の大企業だけでなく、中小企業、大手外資系企業、それに利益を追求する一般企業と異なる発想で事業を展開する公益法人や、海外での就業経験もあります。

このような多様な経験から、業界の常識や慣習に縛られることなく、多面的な視点から自由・奇抜な発想力を武器に支援しています。

また、コンサルタントのような「限定的・部分的な関わり」ではなく、一定の期間以上、実務担当者として関わった仕事の多くは新規事業・プロジェクトとなります。

さらに、当会は「戦略プロセス」とある通り、「戦略シナリオを描くこと」や「ビジネス活動をプロセスとして捉えること」などを得意としています。これらを活かして中小企業に対して「現状」から「あるべき姿」へ到達するための支援を行っています。

具体的には次の通りです。

戦略面:戦略シナリオを描くこと
  • (貴社のメンバーとのディスカションを通じて情報を引き出しながら)事業全体を俯瞰し、未来の「あるべき姿」を描き、そこへ到達するための「戦略シナリオ」を明確にすること。
  • また、それを着実に引っ張って実行することを目的に、プロジェクトをマネジメントすること。
プロセス面:プロセス思考によるビジネス(業務)改革
  • (業務全体、あるいは、新規顧客の獲得といった特定業務を対象に)ビジネス活動をプロセスとして捉え、業務の流れ(フロー)を見える化させること。
  • プロセスとして捉え、見える化させることによって、問題発生の箇所(プロセス)を絞り込み、必然的に打ち手が見えてくるようにすること。
  • 業務プロセスの改善

10代から海外生活を経験。大企業、中小企業、(国内の)外資系企業、それに一般企業とは異なる公益法人での就業経験も有する。MBA留学中には現地(アメリカ)の大手医療機器メーカーに勤務。多様な経験から、業界の常識や慣習に縛られることなく、多面的な視点から自由・奇抜な発想力を武器に支援している。

専門外のこと

当会では特定のツールの販売を行っているわけでありません。同様に、特定のツールや手法の活用(例:Facebook広告、動画編集、YouTubeを駆使した集客など)を前提にした支援を行っているわけではありません。

つまり、「YouTubeありき」「楽天市場ありき」など、特定の手段・手法などを活用することを前提にした支援(つまり、特定ツールの活用)に長けているわけではありません。

★ あなたの会社は大丈夫? ★

当会では全てのサービスに共通する特徴があります。以下の通り紹介します。

「MBAの理論・外資系コンサル流のスキル・中小企業での泥臭い実務経験」を融合した手法で支援。「戦略」と「実行」の両方をセットで提供し、一緒に汗をかきます。

第一に、「戦略&プロセス思考で戦略シナリオ(ストーリー)を描く」となります。

事業全体を見ながら最大のレバレッジを得る上で、どの部分がボトルネックになっているのかを見極めます。そして戦略シナリオ(ストーリー)を描きます。

これはキャッチコピーの表現のような細かなことではありません。事業を取り巻く市場、潜在顧客、競合などを俯瞰しながら、「強み」から「勝負のカギ」と「選択肢」を見極めることです。

全体を見ながら問題解決&目標達成までの道のりを戦略的にプロセス化します。これは問題解決そのものをプロセスとして考えることです。筋道を立てて考え、解決方法を導きます。

第二に、「バラバラな部分最適(戦術ありき)ではなく全体最適を狙う」となります。

「バラバラな部分最適(戦術ありき)」とは特定領域だけを対象にした支援となります。例えば、SEO対策、プレスリリースの書き方、出版、○○システムの導入などの支援が該当します。

これらは木に例えると枝葉の部分になります。戦術とも言えます。当会では根っこ、つまり「事業の根幹」を強化することにフォーカスしています。

第三は、『実行重視:戦略と実行の両方をセットで提供』です。

当会は業種の分類上、経営コンサルティングを営んでいることになりますが、コンサルタントだと思って仕事をしていません。

口先だけ、あるいは、理屈っぽい話になりがちな、戦略のような理論よりも、むしろ現場における実行にこだわっています。そのため、「戦略」と「実行」の両方をセットで提供します。

中小企業向けのコンサルサービスによく見られる支援方法の典型は、月に1~2回、打ち合わせ(含:オンライン)の場を設け、「ああした方がいい」「こういう視点が必要だ」などとアドバイスを提供してもらうことです。また、経営会議や部門長会議などに同席し、第三者の立場から意見を述べてもらうことや、立派な資料(報告書の類)を手にすることもあるはずです。

大企業向けならこれでも良いのですが、年間売上が10億円規模の中小企業の場合、これだけではちょっと難しいのです。「こうやったほうがいいよ」ということを教えてもらうだけでは、実務として動けるようにはならないでしょう。

当会では、一緒に汗をかき、事業に踏み込んだハンズオン型のサービスを提供します。例えば、貴社がプロモーションの一環としてイベントを開催するような場合、企画、運営(例:ディスカションのファシリテーター役など)、メディア対応などを一緒に行います。

 口先で「あるべき論」「理想論」を伝えるだけではなく、一緒に実行に踏み込んで、手を引っ張っていきます。

数値化は仕事の質・スピードを高め成果を出すためのツールです。数値化を上手く活用すればビジネスで最大の成果を出すことができます。しかし、数値化を行うことが目的ではありません。

数値化を最大限に活用するためにも以下の「3つの化」に取り組みます。

1.ビジネス活動の「見える化」

まず、ビジョンである「ありたい理想の姿」を描き、そこへ到達するためのシナリオを描くことになります。皆が共有できるシンプルな「戦略ストーリー」を描きます。

次に、「現状」から「ありたい理想の姿」へ到達するためのプロセス(手順や過程)をしっかりと明確化します。「どうやったら行き着くのか?」というシナリオを、あらかじめステップ・バイ・ステップで「見える化」させておくのです。

当会では、これらをビジネス活動の「見える化」と表現しています。

2.業績管理の「体系化」

また、「ありたい理想の姿」である目標に対し、どれだけ近づいたかを的確に理解するために指標(メトリクス)を用いながらプロセスを管理します。これについては、事業全体に対して体系的に行います。

この取り組みが業績管理の「体系化」です。

つまり、ビジョンである「ありたい理想の姿」への到達という大きな目標をブレイクダウンさせながら体系的に指標(メトリクス)を設定・管理します。

なお、これらについて「先行指標」などという用語を使う企業があります。当会では、このような事業の実態を物語る数字の活用を重視しています。可能な限り数字で判断し、数字と向き合うのです。

キーとなるプロセス別にターゲット(目標値)を設定し、実際の結果との差異を把握しながらカイゼンしていきます。

3.戦略経営の「仕組み化」

さらに、指標を上手に管理しながら、事業のあらゆる局面において的確に判断し、迅速にPDCAサイクルを回しながらカイゼンする「仕組み」をつくります。また、これを組織に落とし込んで定着させます。

停滞の原因になっているプロセスを突き止め、迅速に解決法を見出します。

これが戦略経営の「仕組み化」となります。

中でも最も重要な役割を担うのが「戦略」であり、それを実行に移すために必要なのが「プロセス」となります。「ツール」は、手段・手法に該当するもの。必要なパーツの1つにすぎないのです。

ちなみに、中小企業に求められるのは、必要以上に時間を掛けたリサーチや分析、それに分厚いパワポの資料(提案書)ではありません。必要なのは「実行」すること。戦略(初期の仮説)は必須ですが、そのデキはほどほどで良いのです。

実行に踏み込み、軌道修正しながら、より早く「正解」に近づけていく仕組みがあれば良いのです。

繰り返しますが、「ツール」は必要なパーツの1つにすぎません。ところが、多くの中小企業では、目的と手段を履き違えてしまい「ツールありき」の発想・取り組みになりがちです。

「当社は、どうありたいのか?」といったことが曖昧なまま、事業の展開が「特定のツールありき・依存」型になってしまうのです。例えば「ロボットありき」「SNSありき」「YouTubeありき」など…。

これらには、テクノロジー・施策・広告媒体・知識・資格 …それに新規事業やEC化なども含まれます。

★ あなたの会社は大丈夫? ★

当会では「いかに実行するか」を重視しています。

当会が支援することは「戦略」と言っても、学者や大企業のサラリーマンが好む立派な戦略論ではありません。

それでは分析することや、「PEST」「3C」「SWOT」「VARIO」「PPM」といった横文字の専門用語を覚える「お勉強」が目的になり、本質を見失いがちです。

中小企業ではむしろ「いかに実行するか?」が重要です。なぜなら、どんなに立派な戦略を描いても「実行」できなければ「絵に描いた餅」にすぎないから。

戦略については、立てることよりも「実行すること」の方がずっと難しいのです。

だから、「戦略」と「実行」の両方をセットで提供し、伴走します。それに、必要以上に立派に見えるパワポの資料を作ることはしません。

当会の支援は「戦略シナリオ」を描くことに力を入れています。これは、「ありたい理想の姿」と「現状」のギャップを埋めるために、「現状」から「ありたい理想の姿」へ到達するためのストーリーということです。

すぐには「ありたい理想の姿」に到達する(駆け上がる)ことができないかもしれません。いくつかのステップを踏んで到達することになります。しかも途中には乗り越えなければならない障害があります。

そのような障害を想定しながらロジックを組んでストーリー(戦略シナリオ)を描いていくことになります。

そこで重要なことはプロセス思考です。「現状」から「ありたい理想の姿」へ到達するためにはいくつかのプロセスを踏んで駆け上がることになるからです。目標達成までのプロセスを明確化するのです。

「なぜ、戦略シナリオが必要か?」については、こちらを参考にしてください。

略シナリオを設計し(描き)、実行に向けてプロセスを明確化したら、それで終わりではありません。なぜなら、描いた戦略ストーリーは「仮説」にすぎないから。「答え(正解)」とは限らないのです。

また、設計した(描いた)通りに、コトが進まないことが十分に想定されます。しかも問題は単独で存在することは稀です。複雑に絡まっているケースが殆どなのです。

そのように絡まった問題の糸を解きほぐすことができるよう、先述の通り、以下の支援コンセプトに従って事業デザインの支援を行っているのです。

  • ビジネス活動の見える化
  • 業績管理の体系化
  • 戦略経営の仕組み化

「ありたい理想の姿」に到達する(駆け上がる)ためのステップを明確にし、KPIなどいくつかの指標を用いながら、各目標に照らした業績を指標(数値)で認識できるようにします。

その数値から起きている変化を迅速に判断。「次なるアクション」を早期に検討し、それを実行に移します。

的確な指標(モノサシ)を持っていなければ、自社の業績を把握し、必要な判断を素早く正しく下すことができません。的確な指標(数字)は、状況を理解し、意思決定し、より早く行動することに役立ちます。

重要なことは、「仮説」である戦略ストーリーを実行しながら迅速にカイゼンできる事業をデザインすることです。

「戦略的PR(戦略的広報)」については、単独テーマあるいはマーケティングの一部のように扱われることが多いようです。

当会では「戦略的PR(戦略的広報)」を事業戦略に包含しています。

詳しくは以下のリンクをクリックの上、ご覧ください。

中小企業が「あるべき姿」への到達を目指して

教材販売のご案内

あなたの事業を丸裸にすれば 次なる打ち手が見えてくる

あなたは、集客面や価格面で損をしていないだろうか?

  • 高額塾のセミナー、受注獲得の手口は?
  • 理想(架空)人物を登場させて自らをカリスマに!
  • 自身の上司をセンセイとして持ち上げるセミナーの開催!
  • その他

「成功パターン」をつくるためにと題して経営者や事業の責任者にお届けするコラム。6つのテーマに分けてお届けします。

経営者向け
テーマ別 最新5コラム

  • 017:卸しや代理店販売から直販に切り替える パート2 ~新規とリピート、それに事業の損益構造を把握するには?~