【サブテーマ2】

自治体とメディアの活用 ~PRのブルーオーシャン~

「地元自治体から他自治体への横展開」&「自治体と絡むことでメディア露出の獲得」

このテーマに関して戦略プロセス経営実践会が提唱していることは、「地元自治体から他自治体への横展開」&「自治体と絡んでメディア露出の獲得」となります。

一つ目の狙いは、自治体の活用です。自治体を(自社の)事業展開に上手く引き込むことです。(可能な限り)地元の自治体で実績をつくることです。次に、それを他の自治体へと横展開することです。

自治体と絡むことは「地域(地元)における実績づくり」以外にもさまざまなメリットをもたらします。その一つはメディア露出の可能性が、1中小企業が単独で取り組む場合よりも遥かに高まることです。結果として、市場における(自社の)認知獲得につながります。これが二つ目の狙いとなります。

当会が提唱しているのは、この二つの相乗効果(シナジー)を狙うことです。

これは、自治体を事業展開に上手く活用し、かつ「戦略的PR・広報の強化」に取り組むことです。

そこで当会では、年間売上が10億円程度の中小企業でも、公(行政)と上手く絡むことを戦略の軸に据えることをおすすめしています。

なお、当会が提唱する「PRのブルーオーシャン」という対策は、自治体に特化した営業・マーケティングとは異なります。自治体営業を専門にした支援ではありません。同様に、PR・広報に特化しているわけではなく、「PRありき」の発想で事業展開することもありません。
 
あらゆる方面においてシナジーを狙うことが「PRのブルーオーシャン」の目的です。そこで、「地元自治体から他自治体への横展開」&「自治体と絡んでメディア露出の獲得」ということを意味しています。

メディア出演(TV)の一部

中国CCTV│国際英語ニュース番組にインタビュー出演

NHK│NEWS WEBにスタジオ生出演│橋本菜穂子アナと元陸上選手の為末大氏と

テレビ東京│マネーの羅針盤にスタジオ生出演│塩田真弓キャスターらと

BS11│報道ライブ21 INsideOUTにスタジオ生出演。露木茂キャスターらと

BSフジ│LIVEプライムニュースにスタジオ生出演│八木亜希子キャスターと反町理キャスター

NHK│首都圏ニュースのインタビュー収録

なぜ、自治体なのか?

一般的なPR手法の駆使では、てんやわんやするだけ?

集客活動に「てこの原理」を利用するためには「メディアの力」を拝借すべきです。しかし、それなりに影響力のあるメディアに取り上げてもらうことは容易ではありません。多数の企業の間において、日々、椅子取りゲームが繰り広げられているからです。

また、SNSを駆使してバズらせる方策をすすめる人も少なくありませんが、それは意外と大変です。継続性や再現性などの問題にも直面します。

結局のところ、「プレスリリースを出すこと」「テレビに出ること」が目的になってしまいがちです。そして、弱小媒体への露出に一喜一憂する、あるいは、PR手法の駆使にてんやわんやんやしている間に、3~5年もの時間が経過してしまうのです。

それなりに影響力のあるメディアに露出しない限り、あまり売上増に結びつかないということに、一定の時間が経過してからようやく気づくのです。

DX推進の影響で直販(含:EC強化)に力を入れても?

DXブームの影響もあり、多くの中小企業がEC強化に乗り出しています。

しかし、ネット通販の黎明期から変わらないことがあります。それは、アマゾンや楽天などへの出店を含め、直販(通販)部門の売上だけでは社員一人の人件費を賄うことすらできないという問題に多くの中小企業が直面していることです。

多くは、雨後の筍のように次々と出てくる手段・手法に翻弄されてしまい、常に目移りし続けているのです。

ブームだからといって、自社の事業はもちろんのこと、市場環境、顧客などをよく検討・調査することなく、しかも、ノウハウ不足のまま本格的に直販に乗り出しても、多くは鳴かず飛ばずのまま時間ばかりが過ぎ去っていくのです。

意外と知られていない自治体ビジネスの魅力

地域の社会課題に取り組むことで、対価が発生するのが自治体ビジネスです。旧来からある道路・橋・ダムといったインフラ整備に限らず、近年は高齢化社会の問題解決、地域活性化、子育て支援、働き方改革など、新しいテーマにおいて多くの自治体が民間の力を必要としています。

チャンスがあちこちにあるのですが、民間にはない特徴があるのが自治体ビジネスです。

メディア出演(雑誌)の一部

★ あなたの会社は大丈夫? ★

ポイントは、事業戦略への包含

多くの中小企業が「自社のモノ・サービスを売れるようにしたい!」と願っています。

これを実現するためにも、自治体とメディアを上手に活用すべきなのです。

また、何よりも潜在顧客から「●●なら○○社(←貴社名)」と認知してもらうことが重要です。これはポジショニングを築くことでもあります。

 「自社の製品・サービスには自信があるのだが…」という中小企業の中には、PR・広報の発想があまりにも限定的な(ない?)ところが少なくありません。

その一方で、PR・広報活動の重要性を認識していても、「何を」「どこから」「どのように取り組むべきか?」がわからぬまま、結局、「目先の売上づくり」に躍起になってしまう! このような企業が少なくありません。

また、「メディアへの露出を獲得さえすれば売れるようになる」と、甘い期待を抱いているだけの経営者も少なくありません。

そこで、当会が考える「戦略的PR・広報の強化」のポイントについて以下の通り、少し説明します。

  • プレスリリースの配信を強化することではありません
  • 目的はテレビは新聞に取り上げられることではありません
  • 目的や目標が曖昧なまま(自社にとって)新しいツール(例:SNSの活用)に飛びつくことではありません

最も重要なことは…

最も重要なことは「戦略的PR・広報の強化」や「メディア戦略の強化」の取り組みを自社の事業戦略に包含させることです。PR・広報活動が自社の「戦略」とリンクしていなければならないのです。

つまり、戦略的PR・報の活動を「単発のイベント」や「業者任せの仕事」として片づけてしまうのではなく、「戦略シナリオの設計」や「事業デザイン」の中に上手く位置づけ、それを実行していくことが重要です。また、そこにはPDCAが回る仕組みがなければなりません。

なお、テレビや新聞への露出のインパクトは大きいのですが、「実績0」からのスタートだと意外と大変です。だから「プレスリリースの作成だけ」「PR・広報活動だけ」を頑張っても無駄になりかねないのです。

そこで、事業の戦略全体が上手く機能するよう「事業を構築(デザイン)すること」が必要であり、一連のプロセスとして確立することです。そこにPR・広報の活動を上手に位置付けるのです。

もしPR・広報活動を単発的・一時的な活動やイベント、あるいは、単発的な取り組みとして捉えているのであれば、PR会社や広告代理店にお金を払って丸投げすれば済むのです。

事業戦略への包含・事業戦略との一体化

繰り返しになりますが、当会では、戦略的PR・広報を「戦略シナリオの設計(戦略ストーリー)」の中に上手く位置づけることが重要だと考えています。「事業戦略への包含」「事業戦略との一体化」ということです。

当会では「事業は1つ1つが繋がりあって動くチェーンの如く、1つの大きなシステムである」と捉えています。「戦略的PR・広報の強化」についてもチェーンの1つとして捉えた上で、事業全体を構築することが先決である、と考えています

そこで当会では、戦略とプロセスを明確化した事業デザインの一環として中小企業に「戦略的PR・広報の強化」を支援しています。PR・広報を、企業活動(事業戦略)から独立した「単発のイベント」のように取り組むのではなく、事業戦略と一体化させるのです。

さらに、メディアの取り上げられ方にも色々あります。必ずしも自社名や自社の製品・サービスが直接取り上げられる必要はないのです。「話題性・公共性のあるテーマ」や「取材対象になりやすい場」などに「便乗する」「相乗りする」という方法もあるのです。

その方が遥かに露出しやすいのです。だから、公(行政)と上手く絡む方策をおすすめしています。それが「PRのブルーオーシャン」となります。

残念ながら1中小企業の取り組みでは公共性がなく、パンチ力が弱いのです。それを補ってくれるのが「PRのブルーオーシャン」となります。

なお、当会がおすすめする「PRのブルーオーシャン」ともいえる公(行政)と上手く絡む方策については、こちらのページをご覧ください。

まずは無料でお試しください

中小企業が「あるべき姿」への到達を目指して

教材販売のご案内

あなたの事業を丸裸にすれば 次なる打ち手が見えてくる

あなたは、集客面や価格面で損をしていないだろうか?

  • 高額塾のセミナー、受注獲得の手口は?
  • 理想(架空)人物を登場させて自らをカリスマに!
  • 自身の上司をセンセイとして持ち上げるセミナーの開催!
  • その他

「成功パターン」をつくるためにと題して経営者や事業の責任者にお届けするコラム。6つのテーマに分けてお届けします。

経営者向け
テーマ別 最新5コラム

  • 017:卸しや代理店販売から直販に切り替える パート2 ~新規とリピート、それに事業の損益構造を把握するには?~