【経営コンサルタント036】 

2020年8月12日(水)

こんにちは、関口です。

サラリーマンコンサルタントではなく、独立した経営コンサルタントとして活動する人は、コロナで様変わりしたこれからの時代、自身をどのように売り出していくべきでしょうか?

このテーマについて先日、1時間ほど出版経験もある仲間とディスカッションしました。最終的にはお互いの意見が見事に一致しました。その内容を本日、紹介します。

私たちがこれから本格的なAI・IoTの時代を迎えることをよく認識している方であれば、もう結論はおわかりですね?

先に結論を申し上げると、かたや昭和から平成にかけてのやり方で、かたや令和のやり方であるということで、仲間とは完全に意見が一致しました。

出版戦略かYoutube戦略か? これついてはどちらが良いとか悪いとか決めつけるつもりはありません。両方あっても良いし、もしかしたらどちらも不要かもしれません。

コンサルタントらしく戦略的に考えてみるなら、まずは内部環境と外部環境を分析する必要があると思うのでやってみましょう。

内部環境の分析では、自己資金やこれまでの経験などを検討することです。ご自身の資金力の範囲内でできること・できないことがあります。

同じように独立した経営コンサルタントとはいえ、億単位の資産を親から相続し、2,000万円くらい損しても「大したこと無い」で済ませられる潤沢な資金に恵まれた人がいる一方で、200万円を失ったら破産してしまう人もいます。つまり、資金面において「いくらまで損できるのか?」ということを明確にしておくべきです。これは人によってマチマチです。

また、ご自身のこれまでの経験をよく理解した上でやるべき事を絞り込むことです。不慣れなことに手を出すよりも、経験値のあることから始めた方が上手くいく可能性が高いのです。当たり前ですが、出版に関わった経験がなければ、よくわからないためオイシイ話に乗せられてしまうでしょう。これについてはYoutubeも新聞広告も同じです。

10年以上も前の話ですが、当時の私はある中小企業にて事業部の責任者として頻繁に新聞広告を出していました。さまざまな広告代理店から毎日のように売り込みがありましたが、営業担当者からいつも言われていたセリフがありました。それは「広告は1回出しても認知されません。最低でも3~4回は出稿してください」ということ。

でも、1回目でダメな原稿は2回目も3回目もダメなのです。ところが、何も知らない人は「そうだよね!」と広告代理店の話を疑うことなく鵜呑みにしてしまうでしょう。

同様に、出版についても「こうやって出版すれば、コンサルタントとして上手く売り出せますよ!」という類の話を持ちかけてくる人がいるはずです。

こういうことを踏まえた上で、自己資金やこれまでの経験など内部の分析が必要なのです。

内部分析だけではなく、外部分析がとても重要です。これから市場や世の中がどのように変わっていくのかという外部環境をよく見極めた上で、ご自身の取り組みを判断することです。

ハッキリしていることは、これからAI・IoTの時代が本格的に到来するということ。モノとモノがつながるようになり、「データを持つ者が市場を制する」時代になります。データを持ち、それを上手く活用できる者が勝つのです。

データの集め方(リサーチの手段)も変わってきます。例えば、これまでならアンケートを行って本人から直接意見を聞き出す方法が主流でした。ところがアンケートの回答者が本当のことを記入するとは限りません。

IoTの時代になると「使った・使わない」「使う頻度」「使った場合の1回あたりの使用時間」などのデータが入手できるようになります。アンケートよりも遥かに正確な実態を反映したデータが入手できます。本当のことを告げてくれるかわからない本人にわざわざ聞き出さなくても、より正確に人の行動がわかるのです。

データを持ってそれを上手く活用するような取り組みが必要になるということ。データが集まれば、そこから学んで迅速にPDCAサイクルを回して、素早く市場にフィードバックすることができるのです。

これからの時代は「データに基づく顧客理解」と「迅速なフィードバックを通じた急速な学習」が求められます。これについてはコラム・「新しい協働の形、エコシステム戦略とは?」の中で紹介した通り、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)から出版された本に書かれていました。

さて、本日のテーマである「出版戦略かYoutube戦略か?」ということですが、さすがにもうおわかりですね?

出版の場合だと、企画が本になって全国の書店に並ぶまでに半年以上の時間が掛かります。今回のコロナのように、何かを企画しても本として出版される頃には世の中が変わってしまうかもしれません。

また、購入者が誰なのかわからないどころか、「読んだ・読んでいない」といったデータも入手できません。さらに、出版に投資し、仕事の依頼につなげてリターンを得るまでの時間が長いのです。これが激動・激変の環境にも対応できる柔軟な事業を展開していかなければならない時代に合った方法でしょうか?

でも出版には良い面もあるのです。例えば、「これが私の本です!」と著書を渡しながら「出版した」という権威を示す手段として、あるいは、営業活動のツールとして使うことができます。また、出費がかさみますが、出版後に「出版物の広告」を日本経済新聞に出すことができます。これも権威付けになります。

広告を見た知人が「おっ、お前すごいじゃないか!」などと声を掛けてくれるはずです。とても良い気分になるでしょう。でも、先に書いた通り「データに基づく迅速なフィードバック」が得られることはなく、一発勝負なのです。

大きな金額を投資した見返りとして当たる可能性もあるのですが、描いたシナリオ通りにならなった時の損失はかなり大きいです。だからある程度資金に余裕がある状態に達してから手を出すべきでしょう。

でも、先に書いたような潤沢な資金がある人(企業)であれば、賭けに出ることもできるのです。

独立経営コンサル向け 動画&特別レポート【登録無料】のご案内

下記の独立した経営コンサルタント向けの動画(約13分)で、ぜひ学んでみましょう。次のようなことが学べます。

  • 独立経営コンサルタントの稼ぎ方は?
  • 仕事が欲しいために多くのコンサルがやりがちな間違いとは?
  • セグメント別 攻め方の違いのポイントとは?
  • その他

また、【特別レポート】では、下記のような内容を学ぶことができます。

  • 表面的な数字や華やかさに騙されてはいけない。「広告なしで売上650万円」のA君と、「売上2,000万円だが広告費1,200万円のB君、果たしてどちらが良いのか?
  • 市場の隙を見つけ出し、そこでご自身の強みを発揮するとは?
  • 関口のおすすめは●●。なぜなら、周囲の人は皆、先生として接してくるから
  • その他いろいろ

出版もYoutubeも始めれば上手くいくわけではないのですが、データを集めて迅速にPDCAを回すということを考えたら、いかがでしょうか? 選択肢は絞られますね。

出版かYoutubeか?

どれが良いとか悪いとか決めつけるつもりはありませんが、「データに基づく顧客理解」と「迅速なフィードバックを通じた急速な学習」が求められる時代に相応しいやり方を選択するべきではないでしょうか?

私から直接、お答えします。
⇒ 
プロフィールはこちら!

気軽にお問い合わせください!

独立している経営コンサルタントの方(含:準備中)は、何かご不明な点があれば、どうぞ気軽にお問い合わせください。丁寧にお答えします。

下記の「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム
(経営コンサルタント036)

このページの記事に関し、何かご不明な点やコメントがあれば、どうぞ遠慮なく下記のフォームにご記入ください。そして「送信内容を確認する」ボタンをクリックの上、ご連絡ください。丁寧にお答えいたします。

必須

例:関口 史郎

必須

例:株式会社とげぬき

必須

例:example@strategic-process.jp

必須
必須
  • 1回だけクリックしてください!

    ※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    個人情報の保護について

     ご提供いただいた個人情報は、厳重に管理し、当会が定めるご案内(含:メールマガジン)目的以外、法令に定める場合を除き、個人データを事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供することはございません。詳しくは「個人情報の取り扱い」ページをご覧ください。

    新しいツールの活用を最大限に高めるための戦略づくり
    DXだからといってロボットやITツールに飛びつく前に~

    【対象】小売、卸売、介護、教育、その他サービス業

    自社のマーケティング戦略も顧客へのメッセージもストーリーで明確化する
    ~あなたの事業はBtoBでも、よりBtoCのマーケティングが必要では?~

    【対象】一般個人・個人事業主・小規模事業者などに直接販売する、よりBtoCの手法が求められる事業者

    メーカー寄りの「販売代理店」から顧客目線の「購買代理業」へ。単発的な売り切りから、トータルなソリューションの提供へ。

    【対象】労働集約型業界向けに販売する販売代理店・特約店・商社など

    売上1億円未満の法人・個人事業主向け

    ・独立経営コンサルタントの今すぐ改革
    ・「戦略ありき」の事業構築

    教材販売のご案内

    あなたの事業を丸裸にすれば 次なる打ち手が見えてくる

    経営者向けコラム

    「成功パターン」をつくるためにと題して経営者や事業の責任者にお届けするコラム。6つのテーマに分けてお届けします。

    • 011:鬼速PDCA ~冨田 和成 クロスメディア・パブリッシング~