【関口のつぶやき、感じたこと 060】 

2021年 7月 25日(日

  • 電子書籍
  • BtoBからBtoC
  • BtoBからD2C
  • 「強みが活かせる独自の媒体」を探せ

こんにちは、関口です。

最近、『BtoBからBtoC・DtoCへのチャレンジ』というタイトルで電子書籍を2冊出版しました。

10年以上前にちょっと高値で販売していた教材の内容を転用し、このたび電子書籍として安価で販売することにしたのです。

通販やDtoCで活用されるECサイトについては、その在り方がこの10年、20年で大きく変わりました。20年前はインターネットの登場によって商用サイトを立ち上げる事業者が増えていた時期でした。約10年前からはスマートフォンの普及が私たちに大きな影響を与えるようになりました。

当時の私はこの業界に深く関わっていたのですが、2008年にスマホが登場する前の2006年頃は「携帯マーケティング」などと言う言葉が少し流行っていました。ところが、スマホがいわゆるゲームチェンジャーとなりました。

以前の私たちは、TV、新聞、雑誌などで情報を得ていました。事業者は電話やFAXで注文を受けていました。約20年前からインターネットの普及によってネット注文の割合が増えてきたとはいえ、ネットを使うためにはパソコンが必要でした。いつでも、どこでも、というわけにはいきませんでした。それが、スマホの普及で一気に変わったのです。

テクノロジーは今後、さらに進化していきます。だから、新しいテクノロジーを事業にどのように生かすべきかという視点は今後とも非常に重要です。しかし、事業を運営していく上でのキモとなることは大きく変わりません。

この10年ちょっとの間に、Facebook、LINE、YouTubeなどの新しいツールが登場しましたが、時間の経過とともに新しいツールがまた出てきます。こういう変化を利用しながらさまざまな事業者が情報を発信し、私たちを煽ってきます。しかし、繰り返しになりますが、事業を運営していく上でのキモとなることは大きく変わらないのです。

ご興味があれば、「試し読み」ができますので、2冊の電子書籍をチェックしてみてください。1冊目のタイトルは『BtoBからBtoC・DtoCへのチャレンジ ~ECサイトの立ち上げだけでは成功しない~』。一方、2冊目は『BtoBからBtoC・D2Cへのチャレンジ2 ~成功のカギを握る11のキモ~』となります。

 

新しいツールの活用を最大限に高めるための戦略づくり
DXだからといってロボットやITツールなどの新しいテクノロジーに飛びつく前に~

自社のマーケティング戦略も顧客へのメッセージもストーリーで明確化する
~広告に大金ではなく、メディアや地元自治体を活かしたブランド力のアップ~

メーカー寄りの「販売代理店」から顧客目線の「購買代理業」へ。単発的な売り切りから、トータルなソリューションの提供へ。

売上1億円未満の法人・個人事業主向け

・「戦略ありき」の事業構築
・独立経営コンサルタントの今すぐ改革

教材販売のご案内

あなたの事業を丸裸にすれば 次なる打ち手が見えてくる

「成功パターン」をつくるためにと題して経営者や事業の責任者にお届けするコラム。6つのテーマに分けてお届けします。

経営者向けコラム
(記事の一覧)

  • 011:鬼速PDCA ~冨田 和成 クロスメディア・パブリッシング~