ようこそ。

「戦略プロセス経営実践会」のウェブサイトの訪問、ありがとうございます。

運営責任者の関口史郎です。少し長くなりますが、このページでは当会事業の概要・考え・想いをご理解いただければ幸いです。

2020年。この年は、AI、5G、働き方改革、外国人労働者の受け入れなどが大きく注目されるはずでした。特に、東京オリンピックの開催で国内は大きく盛り上がるはずでした。

ところが、新型コロナウイルス感染症の拡大でシナリオが全て崩れたのです。世界中が短期間に大きく変わらざるを得ない激動・激変の時代がやってきました。

国内では感染拡大の阻止を目的に、国から営業自粛、テレワークなどが要請されました。「3つの密を避けましょう」と言われ続け、あっという間に「3密」を避ける意識が国民に浸透しました。

また、規模の大小に関係なく、数多くの事業者がわずか数カ月の間にオンライン化に取り組みました。嫌でもパラダイムシフトを受け入れざるを得なかったのです。

今後、いつ再び、コロナのような脅威にさらされても不思議ではありません。だからこそ、激変・激動の時代に合致した経営(事業運営)が求められるのです。

だからこそ、事業の方向性をしっかりと定めておくことが重要です。さもないと、「振り回される」「翻弄される」「二転三転する」ということになります。

コロナの一件でも明らかになりましたが、未知の世界のことは専門家の意見もマチマチ。さまざまな情報が錯綜する中、自身の核(コア)や中心軸が曖昧だと、その都度周囲に振り回され、ブレ始めてしまうのです。

会社の事業戦略も同じです。「顧客の願望」「自社の経営資源」「競合他社」などを理解した上で、「(仮説の)戦略シナリオ」や方向性を明確にしておくべきなのです。

その上で「何をやるべきか?」「やらないのか?」をハッキリさせておかないと、錯綜する情報に振り回され、興味本位でチャンス(例:新しいテクノロジー、新しいマーケティング手法)を追い求めることを繰り返すだけの事業になりがちです。

思いつきで単発的に「新しいこと」に飛びつき、いつまでも試行錯誤を繰り返す。このような事業は避けたいのでは

当会は「(お客さまの)ビジョンの実現に向けて、体系的な事業構築の支援を通じ、顧客と自らの持続的な成長に貢献する」を事業理念に掲げています。

「戦略とプロセスのデザイン屋さん」として、MBAの理論・外資系コンサル流のスキル・中小企業での泥臭い実務経験などを融合した手法で企業の支援を行っています。

支援コンセプトは「見える化・体系化・仕組み化」

支援テーマは『戦略とプロセスを明確化した事業デザイン:自らに選択肢があることを知りながら「できない」を「できる」に!』です。これをベース(土台)に、「個別の支援テーマ」を用意しています。

私は2010年からロボットを介護現場に普及させる活動にも携わっていますが、普及には時間が掛かっています。一見すると購入して活用するだけで非常に簡単なことだと思われがちですが、必ずしも上手く活用されないケースが少なくないのです。

ロボットなど、新たな武器(ツール)課題を抱えている「現状」から「ありたい理想の姿」へ到達することを目的に活用する道具・手段・方法にすぎません

ところが、それを「活用すること」が目的になってしまうことが少なくないのです。現状把握、導入目的、進むべき道などが曖昧なまま、「補助金が出る」「同業他社が始めたから」「流行っているから」などの理由で「ウチも!」と「新たな何か」に飛びいてしまうのです

本来なら、いきなり新しいツールに飛びつく前にやるべきことがあるはずです。それは「現状」から「ありたい理想の姿」へ駆け上がるシナリオを戦略的・計画的に描くこと。そして、その戦略を実行するためのプロセスを最適化することです。

そしてプロセス最適化の手段として新しいツールを導入し、活用することを検討するのです。ツールを活用し、「てこの原理」を利用するのです。

しかし、その前に「現状」や「ありたい理想の姿」などを明確にした上で戦略的にシナリオを描いていないと軸がブレ始めてしまいがちです。チャンスばかりを追い求め、目新しい「新しい何か」に飛びつきたくなってしまうのです。

一見おいしそうな話に引っ掛かりやすくなり、新しい情報や誘惑に振りまわされていることに気付かなくなってしまうのです。

は「事業は1つ1つがつながりあって動くチェーンの如く、1つの大きなシステムである」と捉えています。

事業は「業績に影響する小さなプロセスがあらゆる部署・外注先・協力会社などで行われ、それが集まって価値を生み出す大きなシステムである」ということです。だから、戦略はもちろんですが、それを実行するためのプロセスが重要なのです。

ところで、街の書店を回ってみると、企業の戦略に関する書籍は多く出版されています。「PEST」「3C」「SWOT」「VARIO」「PPM」といった横文字の解説本が少なくありません。

中小企業にはあまり縁がない分析手法や、実用的ではない難しい学術的な内容が多く散見されます。

専門用語を個別に、断片的にでも理解すれば、賢くなったような気になります。「○○を3C分析することによって…」「4P戦略が…」「アンゾフのマトリクスでは…」「バリューチェーンを確立して…」などと説明されると、それだけで「うわ~、すご~い!さすがだ!」と感心する人も少なくありません。

では、社内の実情をよく直視してみてください。アカデミックな「経営戦略論」のお勉強が目的の大企業のサラリーマンには素晴らしい内容であっても、中小企業にはあまり実用的ではない面が多々あるのではないでしょうか? 

理由は経営者が専門用語を個々に覚えたところで、アクションに移すことができないからです。世の中には多数の経営手法があふれており、「どの手法を・どのタイミングに・どのように使い分けるべきか?」という判断やその運用は非常に難しいのです。

実用的ではない難しい学術的な内容は、学者や一部の専門家の商売道具として使われます。現に、多くのコンサルティング会社などではアメリカ発の横文字の最新手法をプロモーションし、立派に見せて高額なフィーを請求することを生業としています。

しかしながら、そのような小難しい内容を、従業員に理解させて、落とし込んでいくにはかなり無理があるのではないでしょうか?

私は、「新しい何か」に飛びつこうとすることよりも、むしろPDCA(Doから始めることも)サイクルを迅速に回し、検証しながら、明確化した戦略(初期の仮説)を、より早く「正解」に近づけていくための一連の仕組みづくりの方が遥かに重要だと考えています。

また、最も重視していることは「いかに実行するか」です。そこで経営者やプロジェクトチームから社内全体に共有・波及させていく仕組みづくりに力を入れているのです。

そうやって「戦略」と「プロセス」を組織の中に「落とし込み」、かつ確実に「実行」してもらうことを踏まえ、「シンプル」と「わかりやすさ」を心がけています。

経営者が一人で小難しい戦略論を学んで賢くなった気になったところで、従業員が動かなければ会社は何も変わりませんから。

先に述べたように、今は新しいテクノロジーや錯綜する情報に翻弄されやすい時代です。だからこそ「新しい何か」に飛びつく前に、まずはビジョンを意識しながら事業の戦略を明確化することです。

目先のチャンスを追求するのではなく、戦略思考が強く求められているのです。

以上の考え・想いから、当会は「戦略とプロセスのデザイン屋さん」を自負しています。当会は、お客さまのビジョンの実現に向けて戦略とプロセスを明確化した事業デザインの支援を行い、技術の進化で顕在化してきた問題を解決していきたいと考えています。

 

もし、このような考えに賛同いただけるようでしたら、ぜひ、お声がけいただき、当会をご活用いただければ幸いです。

お客さまのために、社員のために、そしてビジョン実現に向けて真の事業デザインを行なうことを目指す経営者の方々とのご縁を心より願っています。

戦略プロセス経営実践会
株式会社とげぬき
代表取締役
 関口 史郎

新しいツールの活用を最大限に高めるための戦略づくり
DXだからといってロボットやITツールなどの新しいテクノロジーに飛びつく前に~

自社のマーケティング戦略も顧客へのメッセージもストーリーで明確化する
~広告に大金ではなく、メディアや地元自治体を活かしたブランド力のアップ~

メーカー寄りの「販売代理店」から顧客目線の「購買代理業」へ。単発的な売り切りから、トータルなソリューションの提供へ。

売上1億円未満の法人・個人事業主向け

・「戦略ありき」の事業構築
・独立経営コンサルタントの今すぐ改革

教材販売のご案内

あなたの事業を丸裸にすれば 次なる打ち手が見えてくる

「成功パターン」をつくるためにと題して経営者や事業の責任者にお届けするコラム。6つのテーマに分けてお届けします。

経営者向けコラム
(記事の一覧)

  • 011:鬼速PDCA ~冨田 和成 クロスメディア・パブリッシング~