特別レポート【登録無料】のご案内

個人経営コンサルタントの事業戦略:
法人を攻めてニッチでNo.1を狙う

特別レポート【登録無料】のご案内

法人(企業)顧客の獲得を狙っているコンサルタント向け!
特に、40代以上の人におすすめ!

関口 史郎

株式会社とげぬき 代表取締役。米国の大学卒業後、東京のオリンパス勤務を経て、米国でMBA(経営学修士)取得。帰国後、GE(ゼネラル・エレクトリック)、ミスミなどに勤務。2008年に株式会社とげぬきを設立。

アメリカMBAの理論、外資系コンサル流のスキル、中小企業での泥臭い実務経験(「売上ゼロ」「顧客ゼロ」からの新規事業の立ち上げ、メディアなどを使ったブームの巻き起こし、他)などを融合した手法で、独立した経営コンサルタントの事業戦略を支援。

コンサルタントに「理想論・あるべき論を伝えるだけ」で自らは実践しない(手を汚さない)存在ではなく、自身も企業向けに経営コンサルティングを提供するコンサルタントとして活動している。

独立コンサルタントの稼ぎ方は大きく2つ。特別レポートでは、「自分の企画」の中でも企業を相手に「1対1」のサービスを提供することを前提に話を進めています。

最も稼げるのは、零細・個人事業主向けに「1対多」で高額講座(高額塾)を提供する方法です。しかし、ここは猫も杓子も参入できる超激戦区であり、一般のコンサル集客とは異なるスキルが必要です。おまけに、常に下剋上が起こり長居することが難しいのです。そこで、ひとりコンサルタントには「小企業」向けをおすすめしています。

「小企業」向けがおすすめですが、無料や格安の公的支援や民間の競合サービスが激増中です。だから、ご自身の事業を戦略的に検討しないと、それらの競合サービスと比較されてしまうだけ。簡単に負けてしまうのです。

特別レポートのタイトルは『個人経営コンサルタントの事業戦略:法人を攻めてニッチでNo.1を狙う』

当初、教材として有料で販売する予定でした。しかし、ページ数を減らし、無料でお届けすることになりました。

貴重なノウハウが、タダでたくさん入手できます。

自画自賛となりますが、かなり有益な情報が満載です。

まずは、こちら(↓)の動画をご視聴ください。視聴時間は約8分です。

Q1:

無料レポートの副題として「法人を攻めてニッチでNo.1」を狙うとの記載がありますが、ここで言うニッチとは特定の業界・業種を狙えということですか?

はい、特定の業界・業種も一つになります。しかし、それだけではありません。私は、独立コンサルタントとして、選ばれる存在(コンサルタント)になるために必要な条件は3つあると考えています。

その一つは、「権威」や「存在感」を示せるかどうか?となります。

つまり、特定の業界・業種において、「権威」や「存在感」を示すことができれば選ばれる人になるわけです。

また、熊本や青森など特定の「地域」において「権威」や「存在感」を示すことも一つのやり方となります。ある特定の地域で選ばれる人になるのです

他にもいろいろあります。例えば、「1対多」のスタイルで非常に上手くやっている人の場合を考えてみましょう。彼らの中には、30代になってから起業するまでの間、フリーターの職歴しかなく、会社に勤めたことすらないことも。

このような人のキャリアでは、アクセンチュアや船井総研のような会社に応募したら、書類審査の初期段階でダメ出しを食らうはずです。全く相手にされない(選考の対象にならない、門前払いされる)ということ。

しかし、巧みな演出によって彼らは特定のグループに対して「権威」や「存在感」を示すことができるのです。だから事業が上手くいくのです。

さて、あなたはどこにいる人たちに対して「権威」や「存在感」を示しますか? あるいは、他の条件で勝負しますか?

このような条件に関する詳しいことは、「特別動画」を希望された方にお知らせしています。

登録はこちらへ!

 

Q2

どうすれば、特別レポートを読むことができますか?

閲読には登録が必要ですが無料でお届けします。下にある「登録フォーム」に必要事項をご記入下さい。

 

Q3:

登録すると何が、どのように、どのくらいの頻度で届くのですか?

ネット上で閲読するための「URL」が届きます。その後のメールは1回だけです。

なお、1回だけメールが届いたら「オシマイ」です。私の方からいつまでも、しつこくメールを送り続けることはありません。

ただし、経営コンサルタント関連のコラムをアップした際にお知らせすることがあります。あくまでコラム(記事)アップのお知らせです。よく目にする「●●セミナー、残り1席です!」などと煽るようなメッセージ、あるいは、「僕のクライアントB君はこんなに儲かりました!」と言わんばかりに「お客様の声」と称した宣伝文(動画)を何度も送りつけることはありません。

 

Q4:

特別レポートは「パート4」で終わらず、続きがあるのですか?

はい、その通りです。「Q&A」形式で「パート5」、6、7,8、9…15…20と適宜、情報を追加していきます。情報を追加した際には、登録されたメールアドレス宛にメールにてお知らせします。これは一般には公開していない秘匿の内容です。登録者だけにお届けする情報となります。

 

Q5:

誰に対して登録を特におすすめしているのですか?

個人で独立して頑張っているコンサルタントです(含:予備軍)。中でも(個人・零細事業ではなく)法人から仕事を獲得したいと考えている人におすすめします。特に、下記に1つでも該当する40代以上の人には強くおすすめします。

  • 長らく(特に、大企業で)サラリーマンをやっていた。そのため、限られた資金で顧客を見つけ出し、買ってもらうという小さな商売の経験がないまま独立した。

  • 自分(=あなた)は能力が高くて優秀な方であると考えている。しかし、上手くいかない。なぜなら、「(中小企業という)顧客との間にギャップがあること」や「(独立したコンサルタントとしてやっていくには)サラリーマン時代(雇われの身分)とは要件(必要なスキル)が大きく異なること」などに気付き始めたから。

  • 仲間に顧客役として「こんなに儲かりました!」などと派手に演出してもらい、むやみに買い手の期待感を刺激する個人事業主向けのコンサル(売り出し方)ではなく、法人(企業)向けにまっとうなビジネスを指導するコンサルタントとして活躍したい。

各パートで学べることを少しだけ紹介すると…

パート1

  • コンサル事業で検討すべきことは? リスクの分散、顧客獲得の難易、効率性、LTV、機会損失、運営スタイル、時間軸、…他には?
  • 表面的な数字や華やかさに騙されていけない。「広告なしで売上650万円」のA君と、「売上は2,000万円だが広告費1,200万円のB君、果たしてどちらが良いのか?
  • 独立経営コンサルタントは、公募案件に手を出すべきか?
  • 市場の隙を見つけ出し、そこでご自身の強みを発揮するとは?
  • 独立後、1年、2年、いや3年経っても顧客ゼロの人も。だからリスク分散が大事なの?
  • その他いろいろ

パート2

  • 「経営コンサルタントのコンサルタント」のアドバイスは人によってマチマチ?
  • コンサルサービスの「前出し」と「後出し」のメリット・デメリットは?
  • 関口のおすすめは●●。なぜなら、周囲の人は皆、先生として接してくるから
  • ベストアドバイスは「人が自分(コンサルタント)のところに引き寄せられる状態をつくりなさい」
  • 人はあなたのホームページの記載内容だけを頼りに情報収集しているわけではない
  • ある一定の業界内で「一目置かれる存在」になる?
  • コンサルタントの顧客獲得方法。人間関係を構築する、出版して名を売る、他には?
  • その他いろいろ

パート3

  • 市場にいる潜在顧客と、どうやって接点(キッカケ)を持つべきか?
  • 〇〇○が曖昧ないまま、ブログを書く、出版する、セミナーを開催してはならない
  • 大企業は「登場人物」が1人(社長だけ)ではないのでなかなか決まらない・進まない?
  • 見込み客の開拓プロセスはどうするの?
  • その他いろいろ

パート4

  • 独立した経営コンサルタントの事業戦略で本当に重要なことは2つだけ?
  • あなたはどこを攻めるべきか?
  • 残念! 大企業は個人の経営コンサルタントなどハナから相手にしてくれない。しかしチャンスもある?
  • 零細・個人事業主向けのコンサル市場の「なんでもアリ」とは?
  • その他いろいろ

【パート5】以降は、これまで私が受けた質問の中でも「悩みが深刻だな?」と思われるものを中心にQ&A形式で1つ1つお伝えしていきます。下記の通り、パート5からパート9までの質問を紹介します

パート5

Q:セミナーを企画しても人が来ません。どうすれば良いでしょうか?

コンサルタントとして独立し、クライアントを獲得するためにはまずセミナーを自分で開催して…と指導を受けたので、それを実践しています。しかし、クライアントの獲得どころか、セミナーの参加者を集めるのに大変苦労しています。

罪悪感を覚えながらもホームページ上には「開催実績」として載せてしまいましたが、開催できたのは知り合いに来てもらった最初の1~2回目の時だけです。それ以降は、人が集まらないので開催できませんでした。このまま自社開催セミナーの企画を続けていくべきでしょうか? これから、どうすれば良いでしょうか?

登録いただければ、今すぐに「答え」がわかります!

パート6

Q: 広告に資金を投入しても損するだけ。一体、どうすればいい?

あるセミナーで「集客には力を入れるな!」とアドバイスされました。当初は「?」「この人は、何を言っているんだ?」と思いましたが、要は新規(のリスト)を取りにいかなくても、見込み客の成約率を改善し、単価を上げさえすれば、簡単に売上は2倍、3倍、4倍にできるという理屈でした。

理屈上はその通りかもしれませんが、そもそも目の前にセールスする会社(見込み客)がなければ、成約率アップどころの話ではありません。そこで見込み客を集めるためにネット広告などに月5万、10万、15万円…と投入額を増やしていきました。リストの数は20、50、100と増えていきましたが、クライアントになりそうもない人のリストばかりが集まります。しかも、せっかくリストを獲得しても、新規に登録した人の約1/3は登録から2~3日以内に離脱してしまい、それ以降はメールの開封すらしてくれません。

こんな調子ではネット広告に資金を投入すればするほど無駄になるだけ。一体、どうすれば良いでしょうか? 

登録いただければ、今すぐに「答え」がわかります!

パート7

Q: なぜ、パッケージ型のコンサルは集客に苦労するのですか?

「コンサルティングは無形のサービスだから、非常にわかりにくい」との理由から「パッケージ化して見えるようにすれば売れるようになる!」と、ある人からアドバイスされました。そして、そのアドバイスに従って、新たに作ったパッケージ型のサービスに変更し、ホームページも改修しました。既存のサービスは止めました。そして、料金、回数、契約期間を明示し、「1回目は○○をやる」「2回目は○○をやる」といった内容を記したメニュー表もつくりました。

ところが、2年、3年と時間が経過しても集客には非常に苦労したまま。実は、このやり方でまともに集客できたことはありません。今では、「自分のコンサルサービスをパッケージ化したことが、集客面で大きくマイナスの影響を与えたのでは?」と強く感じるようになりました。

そこで質問です。コンサルサービスのパッケージ化はやるべきでしょうか? どうなのでしょうか?

登録いただければ、今すぐに「答え」がわかります!

パート8

Q: コンサルタント独立後、1件も契約が取れない人が多いのはなぜ?

経営コンサルタントとして独立し、2年、3年と時間が経過しても1件の契約すら取れない人が少なくない(除:雇われの仕事に就く場合を除く)とのことですが、一体、何が問題なのでしょうか? 彼らに問題があるのですか? それとも外的要因の影響が大きいのでしょうか? 

また、関口さんの場合はいつ最初の1件目の契約を獲得しましたか? それは、どうやって獲得したのでしょうか?

登録いただければ、今すぐに「答え」がわかります!

パート9

Q: もうすぐ起業して丸3年の時間が過ぎますが、問い合わせすらなく先が見えません。どうすれば良いですか?

サラリーマンからコンサルタントとして起業し、もうすぐ丸3年が経過します。当初は、サラリーマン時代よりも遥かに稼げると期待していました。ところが、現実は大きく異なりました。丸3年の月日が過ぎようとしていますが、いまだに1件目の契約すら取れません。

それどころか、まるで先が見えません。「セミナーをやった方が良い」と言われ、これまで5回ほど企画しましたが、開催できたのは初回だけ。それも、3人の知り合いに頼んでサクラとして来てもらったのです。売上はありませんでした。3回目以降は、コロナ禍ということでオンライン開催を企画しました。残念ながら、申込者は1人もいませんでした。

また、ホームページ上で「相談会」を積極的に案内してきましたが、いまだに1件の申し込みもありません。講演やセミナーの講師として声が掛かったこともこれまで1度もありません。ホームページのお問い合わせフォームにメッセージが入ったことは3年の間に10回ほどありましたが、全てSEO対策などの営業メールであり、問い合わせについても実質1件もないという状態です。

このままコンサルタントとして続けるべきかどうか迷っています。どうしたら良いでしょうか? つまり、今後のアクションにはどのような選択肢があるでしょうか?

登録いただければ、今すぐに「答え」がわかります!

登録はこちらへ

【特別レポート】

個人経営コンサルタントの事業戦略:法人を攻めてニッチでNo.1を狙う

登録フォーム

必須

(例:関口史郎)

必須

(例:sample@strategic-process.jp)

必須

(例:戦略プロセス経営実践会)

  • (何かあればご記入願います)

    必須
  • 1回だけクリックしてください

    1回だけクリックして下さい

    個人情報の保護について

    ご提供いただいた個人情報は、厳重に管理し、当会が定めるご案内(含:メールマガジン)目的以外、法令に定める場合を除き、個人データを事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供することはございません。詳しくは「個人情報の取り扱い」ページをご覧ください。

    【注意】

    • お、このレポートでは経営コンサルタント業界の『本当の実態』をご理解いただくために、一部に固有名詞を使って説明しています。秘匿の情報もあります。
    • 過去には私の情報を一字一句すべて丸パクリして販売する人(通販コンサルタントのN氏など)がいました。このようなトラブルが想定されるので、記入内容に不備がある人や怪しいと判断した人については情報提供を途中でストップすることがあります。あらかじめご了承下さい。