【関口のつぶやき、感じたこと(生産性向上など)021】 

2019年 5月 12日(日)

  • 戦略シナリオ
  • ロードマップ
  • サービス産業
  • ITツール

こんにちは。戦略プロセス経営実践会の関口です。

数年前に読んだ『30ポイントで身につく!「戦略シナリオ」の技術』というPHP研究所から出版された本を10分くらいで、さっと読み直しました。

冒頭に「学術的なアプローチよりも、現場の実践的なアプローチを重視して執筆しています」と書かれていましたが、確かに小難しい経営戦略論の書籍よりもはるかに読みやすく、わかりやすかったです。

この本には「戦略とは何か?」ということについても、次の通りわかりやすい説明がありました。

  • 自社が成長し、飛躍し続けるための「軸」を明確にし、経営資源をそこに統合させること。これが戦略の基本であり、“フォーカス&ディープ!”の考え方なのです。
  • 「戦略」とは、「ミッション(理念)」「ビジョン(目標)」を自社の「圧倒的な強み」で実現する状態を示し、現場の計画、管理、業務を規定するルールなのです。

また、本の中には、ロードマップについての説明がありました。これは、縦軸、横軸に自社が大切にする「軸」を設定し、斜めに時間軸を通す。そして、その時々の「ありたい姿」を具体的に示す。ミッション、ビジョンを実現するための道筋を描く…。つまり、ビジョン(目標)を固め、そこに到達するまでのロードマップを描くということです。

戦略プロセス経営実践会では、「新しいテクノロジーを使った製品(新しいツール)を導入しようとする中小のサービス産業(小売業、飲食サービス業、宿泊業、医療、介護、教育など)」を支援していますが、ロードマップを描くというアプローチについては、新しいツール(ITツール、ロボットなど)を活用しながら、業務プロセスの改善を行って行く際にも必要なのです。

つまり、「当社はどうなりたいのか?」という「ありたい理想の姿」を明確にした上で、そこに到達するまでのロードマップが必要であり、そのマップ上に新しいツールの活用方法を組み込むのです。

少し話が難解かもしれません。

最後に、今回紹介した本には、「全くその通り!」という文がありましたので、紹介します。それは「分析ではなく、実行を重視する」ということです。

「環境分析重視ではなく、想いや執念を持ちながら、いかに実行するかを重視すること」『「できるか、できないか?」を考えるのではなく、「とにかくやる。そのためにはどうするか?」の発想の転換を図ることです』との記載がありました。

その通りだと思いました。

1.関口のつぶやき、感じたこと(生産性向上など)