No.1: 白衣を着れば、そこらのおじさんも専門家に?

戦略プロセス経営実践会の関口です。

では早速、最初の「集客の知恵」をお知らせします。

今回は「No.1:白衣を着れば、そこらのおじさんも専門家に?」です。最初の「集客の知恵」なので手短なものから紹介していきます。さっと読めるはずです。

これは何かと言うと、健康食品のチラシや小冊子に使われている写真の巧みな活用のこと。誰もが知っている大手企業もよく使っている知恵です。

白衣を着たおじさんが試験管を振っている写真をみたことありませんか?

次回、チラシや小冊子を見る際には、よ~くチェックしてみてください。

そうすれば気が付くはずです。写真の下に「○○研究室」「○○研究センター」などの文字を見つけるはずです。

 本当は大したことをやっていなくても、白衣を着たおじさんが試験管を振っている写真を目にし、そしてその下に「○○研究所」などの文字が書いてあったらどうでしょうか?

そう、読み手には立派な研究を行っているイメージを与えます。読み手の目には、白衣を着たおじさんが「○○博士」のように映るからです。立派な博士が商品を開発しているイメージを与えるのです。

そのおじさんは1週間前に採用したばかりのアルバイトの年配者かもしれません。あるいは、倉庫で梱包作業をやっている人かも。誰でも良いのです。「白衣を着てもらうこと」がポイントなのです。白衣が権威を示してくれるということです。

これはまさに写真(服装)による「勘違い」ということです。白衣を着ている人を見ただけで、私たちは研究者(専門家)のような印象を持ってしまうのです。

あなたも、街の中で制服姿の人を見て、「警官か?」「医者か?」などとイメージしたことがあるはずです。だから、成功者を演出するために写真を上手く利用する人がいるのです。例えば次のような写真を目にしたことがあるはずです。

「フェラーリの前でポーズ」

「南のビーチリゾートでカクテルを飲んでいる」

「有名な政治家と握手している」

このような写真による勘違い、それが今回の知恵でした。

No.1~3は「サンプル」なので、全体の文章量がかなり少なめになっています。